COBOL関係の電算室


COBOLは「コボル」と読み、共通性、読みやすさ、書きやすさを主眼とした事務処理用プログラミング言語です。英語の構文に近く、大量のデータ処理やデータベースの使用に適しています。



 98年8月、私は東京で富士通ASP開発言語のCOBOLG講習会を受講してきました。
現在この言語を使っている人は、高齢になってきており(私も例外ではない。プログラマは20代前半までが主流でしょう)、残念ながらCOBOLの人口(?)も減少してきている様です。(富士通の講師も数が少なく、今回は九州から来ていました。)現在は、簡易言語が主流になりつつあるのかもしれません。
う〜ん、お先真っ暗な言語(苦笑)
 私は、COBOLとの付き合いは長く、15年以上になります。そこでCOBOLの歴史と、どの様な構成になっているか簡単に説明をしたいと思います。


COBOLの歴史

 アメリカ政府の提唱により、事務処理用共通言語を検討・開発する組織(CODASYL:データシステムズ言語協議会)が作られ、この組織により共通に使える事務処理用の言語という意味で、COBOL(COmmon Business Oriented Language)と名付けられた言語が発表されました。1960年最初に言語仕様書(COBOL-60)が作られてから数年単位で現在まで、改訂と機能追加が繰り返され、発展してきました。
 日本でも、JIS(日本工業規格)のCOBOLが制定され、その後数回改訂され現在に至っています。



COBOLの構成

 COBOLプログラムは次の4つの部から構成されています。

見出し部

IDENTIFICATION DIVISION.
プログラムの名前や、作成者、作成日などを指定する。

環 境 部

ENVIRONMENT DIVISION.
プログラムが実行されるコンピュータの機種や実行環境を指定する。

データ部

DATA DIVISION.
データを記憶する場所に付ける名前を定義する。

手続き部

PROCEDURE DIVISION.
処理の手順を記述する。


COBOLプログラム

(1) 見出し部 (現在では、プログラム名段落以外の記述は殆ど無くなっている。)
IDENTIFICATION DIVISION. 
PROGRAM−ID.   プログラム名. プログラム名段落 プログラムの名前を記述。
[AUTHOR.       [注意項]・・・.]  作成者段落 プログラム作成者名を記述。
[DATE−WRITTEN. [注意項]・・・.] 作成日付段落 プログラム作成日を記述。
[DATE−COMPILED.[注意項]・・・.]  翻訳日付段落 コンパイルした日付を記述。

(2) 環境部
ENVIRONMENT DIVISION.  
CONFIGURATION SECTION. 構成節 使用するコンピュータの名前を指定。
[SOURCE−COMPUTER.[計算機名.]] 翻訳用計算機段落 翻訳する計算機の名前を指定。
[OBJECT−COMPUTER.[計算機名.]] 実行用計算機段落 プログラムを実行する計算機の名前を指定。
[SPECIAL−NAMES.
        [作成者語] IS [呼び名].] 
特殊名段落 コンパイラによって決まっている機能に対して、原始プログラムで用いる呼び名をつける。特殊な機能を使用するときは、ここでつけた呼び名を使用する。

[ INPUT−OUTPUT SECTION.

 FILE−CONTROL.
  {ファイル管理記述項}・・・     ]

入出力節 プログラムで使用するデータと、外部の環境とのつながりを指定。
ファイル管理段落 プログラムで使用するファイルに名前を付け、そのファイルが使用する入出力装置を指定する。

(3)データ部
DATA DIVISION.
[FILE SECTION.
 {ファイル記述項
  {レコード記述項} ・・・ } ・・・       ]
ファイル節 プログラムで使用するファイルの状態と、その入(出)力エリアの名前と大きさを指定する。
[WORKING−STORAGE SECTION.
  {レコード記述項} ・・・          ]
作業場所節 計算結果や編集結果などを一時的に記憶する作業エリアを設定し、その名前と大きさを指定する。

(4)手続き部 ここからがロジック部分になります。
PROCEDURE DIVISION.
[ 宣 言 部 分 ] 標準の処理の他に特別な入出力処理をさせたい場合に設ける。
[ 手 続 き 部 分 ] 問題解決のための通常の処理手続きを書く部分。

 



戻る